湘南スローライフ日記 '0607~'0803


のんびり育児休職生活を湘南でスタートさせた新米ママの日々をつれづれなるままに 5月から復職しました
by heart_a4
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29

<   2008年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧


無添加せっけん

娘用に愛用しているBEBEのシャンプー。
c0079944_092732.jpg

この辺りでは鎌倉のCOUPRIOでしか、置いてあるのを
見たことがないので、江ノ電に揺られて買いにいくことに。
(他に置いてあるShopをご存知でしたら教えてくださいませ~)

More
[PR]

by heart_a4 | 2008-02-28 00:18 | Shop

PIERRE HERMEのマカロン

主人がおみやげにいただいてきたピエール・エルメのマカロン
c0079944_1343421.jpg

美味・・・。

ピンクのローズ(ローズ風味クリーム)、イエローのシトロン(レモン風味クリーム)が
意外にも(普段はショコラなどオーソドックスなお味が好みなのですが)お気に入りに。

実は、マカロン、これまであまりおいしいと思ったことがなかったのですよね・・・。

最初に食べたのは、10年近く前、まだ今ほどマカロンが知られていなかったころ、
会社の先輩のお宅に遊びに伺った際に、おみやげにお持ちしたものを一緒に
いただいたものだったような・・・。

当時は「何これ?ハンバーガーみたい!」とみんなでワイワイ食べてしまいましたが(笑)
今となっては、「こんな上品なマカロンさまに失礼!!」という感じですねぇ・・・。

その後、何度もいただいてはいるのですが、ほんとうにおいしいと思ったのは
今回がはじめて!!

懐かしい思い出とともに、おいしくいただきました。
[PR]

by heart_a4 | 2008-02-26 13:58 | Shop

2月のun petit peu(フランス家庭料理教室)

今月もun petit peuへ行ってまいりました~。

2月のメニューは、いろどり野菜のガレット、プティ・サレとレンズ豆の煮込み、
酒粕とチョコレートのマフィン。

特にプティ・サレは、お塩の量とかかる時間からこれまで敬遠していた私・・・。

でも先生のオリジナルレシピのおかげでこんなに簡単においしくできるのね~と
今月も目から鱗!でこれから我が家の食卓への登場回数が増えそうです。
c0079944_18443375.jpg

ほとんどお塩だけの味付けなのに、深みのある味わい。
そのまま夕食メニューにしたかったのですが、さすがに一晩はお肉を塩漬けにするので、
来週のお楽しみ、ということになりました。

来月のメインはパエリアなのだそうです。
楽しみ~。
[PR]

by heart_a4 | 2008-02-25 18:47 | etc.

すし屋の喜楽

このあたりで、最もおいしいかも、というお寿司やさんにめぐり合いました。

片瀬にある「すし屋の喜楽」さん。

前の通りを通るたびに、「おいしいのかな~?」なんて話していたのですが、
先日伺った食通の義母と義姉の「ほんと、おいしかったわよ~」という評判を聞きつけ、
それならば、と私たちもお客さま用に出前をお願いしてみたところ、
お客さまも一緒に「ほんとにおいしい~」ということになり、
今日はハワイ出発前の義母と一緒にランチに伺ってきました。
c0079944_15503663.jpg

特にトロは絶品~。

30年くらい前からこちらでやっていらっしゃて、カウンター7席と、
向かいのお座敷にテーブルが3つのお店ですが、
週末ともなると地元のお客さまで賑わうんだそうです。

娘のために、何もお願いしなくても、納豆巻を小さく切ってくださったり、
お吸い物に卵を入れて茶碗蒸し風にしてくださったり、そういったアットホームな
心遣いも長く地元の人気店である理由のひとつかもしれません。
(にもかかわらず、帰りに眠くなった娘は大騒ぎでしたが・・・。スミマセン・・・)

今度は週末の夜に主人と一緒にゆっくり伺いたいものです・・・。

すし屋の喜楽
0466-27-5625
火・水曜日定休
[PR]

by heart_a4 | 2008-02-21 16:05 | Shop

もうひとつのお雛様

母からの贈り物。
c0079944_15421196.jpg

早速玄関に。

お軸ひとつでずいぶん空気が変わります。

和のしつらえ、少しずつ学んでいけるといいな~。
[PR]

by heart_a4 | 2008-02-21 15:45 | etc.

鎌倉文学館とチョコレート

先日、よいお天気に恵まれたので、久しぶりに鎌倉文学館に行ってきました。

今回は展示よりもお庭がお目当てだった私たち。
c0079944_15222260.jpg

あまりの気持ちよさに「うみだ~!!」と娘もおおはしゃぎ。

芝生に寝転んで「ちょっとあぶしい(眩しいの意)」と言ってみたり、
「あっちいってみよ」と探索に走ったり、
りすを見て「りすちゃん、じゃーんぷ」と自分もジャンプしたり。

二人で騒いでいたら、警備のおじさんが来て、「秋に来ると栗が拾えるよ」と
教えてくださいました。

また来よう~。

More
[PR]

by heart_a4 | 2008-02-21 15:42 | Shop

お雛様

今日は大安でとってもよいお天気に恵まれたので、
待ちに待ったお雛様を飾ることに。

昨年は、お雛様に向かって突進していた娘ですが、
今年はちゃんと正座することができました。
c0079944_16264098.jpg

手袋をして大事にそおっと飾っていた私たちを横目におなつめを
わしづかみにしてましたが、部屋を出るときには「おひなさま、ばいばい」と
手を振ったりしていたので、仲良く大切にしてくれそうかな。

3月3日はどんな風に過ごそうかしら・・・。

More
[PR]

by heart_a4 | 2008-02-11 16:30 | etc.

おんたじょうかい

先週は、いつも仲良くしてもらっているお友達の2歳のお誕生日がありました。

パパ&ママの心のこもったパーティに娘も呼んでいただいて
一緒にお祝いさせていただきました。
c0079944_1640735.jpg

卵アレルギーのお友達のためママがケーキ屋さんに特別にお願いして
つくってもらったミニーのケーキ。お友達は上手に「ふーっ」ができました。
2歳になるとこんなこともできるのね~とちょっと感動した私・・・。

娘もこの日のために(?)練習した「はっぴばーすでーとぅーゆー」のお歌を無事披露。

とっても楽しくお祝いできて、幸せな時間でした~。

More
[PR]

by heart_a4 | 2008-02-09 16:57 | Baby

はじめてのほいくえん

今週月曜日は、月に一度の出社日でした。

年明けにオフィス移転しており、そこにできた新しい保育園に
一時保育で娘を預けての出社となりました。

私にとっては「初めてのニューオフィス」、娘にとっては「はじめてのほいくえん」。
c0079944_1872927.jpg

・・・やはり撮ってしまいました、オフィスからの眺望(笑)。

皇居をみおろす高さはちょっと恐れ多いのですが、お天気もよく、気持ちよかった~。
(携帯のカメラの設定が娘によって変更されており、モザイク状態のお写真が
なんとも残念。。。元の設定にどうやったら戻るのかしら(涙)謎です)

昼休みにオフィス内のタリーズでアイスクリームまで食べてしまい、アシスタントさんに
「それはすごいはしゃぎっぷりですねぇ」と突っ込まれつつも、満喫。

一方、娘は娘で、「オサンポ、イッタ」とか「プリン、オイシカッタ」とか
「オトモダチ、ミンナ、オイス」「ゴハン、パックン」
「オミソシル、イッショネ」(保育園でのお昼ごはんと翌朝の朝ごはんが)
とたくさん話してくれることからして、楽しんでくれた様子。

唯一の心配はおやつに大好物の「プリン」が出たことだったのですが、
(家ではあまりの大好物さに、食べ終わると「もっともっと~!!」と
とんでもなく大暴れするのです。。。)思わず園長先生に確認したところ、
どうやら平和に食べ終わったようでした。
娘は娘なりにTPOをわきまえているのでしょうかねぇ・・・。

次回も二人で楽しめるといいなぁと思っています。
[PR]

by heart_a4 | 2008-02-06 18:15 | Baby

1月のun petit peu(フランス家庭料理教室)

先日、1月のun petit peuへ行ってまいりました。

が、うっかりカメラを忘れてしまったので、お写真は再現メニューが登場した
週末の我が家のテーブルです。
c0079944_17275711.jpg

前菜はふわふわコーン・パンケーキ、メインは海の幸のポトフ、グランメール風、
デザートはクレーム・カタラーヌ。

グランメールとは、「おばあちゃん」という意味で、先生がフランスで貴族出身の
おばあちゃまが主催する料理教室にお友達の紹介で飛び込み参加した際に、
そのお宅に代々伝わるポトフ用のソース(ディップのようなもの)のレシピを教わり、
それを使ったレシピであることから、そう名づけたのだそうです。

それがこちらのソース・グリビッシュ。
c0079944_17354420.jpg

これ、魚介類につけて食べると、ほんとおいしい~。
材料も身近なものだし、作り方もとっても簡単なのですけれどね。

フランスでポトフと言えばもちろん牛肉なのですが、フランスでこのソースを試食した際に
「日本の魚介類にとっても合うわ!」と思った先生が、日本でこの季節においしくなる
魚介類を使って考案されたのが今回のレシピ。

さらにおいしいお塩(まろやかなもの、お教室ではゲランドのお塩でいただきました)があれば
それをつけながらいただくと、さらにおいしくなります。
c0079944_17503134.jpg

我が家にはボリビア原産の「インカの塩」なるものがあったので、そちらで。

More
[PR]

by heart_a4 | 2008-02-06 17:45 | etc.