湘南スローライフ日記 '0607~'0803


のんびり育児休職生活を湘南でスタートさせた新米ママの日々をつれづれなるままに 5月から復職しました
by heart_a4
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:Baby-Vancouver( 8 )


カナダベビーフード事情

久しぶりの更新になってしまいました。ゴメンナサイ。
帰国から一週間がたち、「時差ボケ」もようやく解消されつつあります。

実は「時差ボケ」ってこれまであまり経験したことがないのですが、
今回はなぜかたっぷり経験することになったのですよね。(←もしや歳のせい!?かも)
我が家みんなで朝4時とか5時台から活動をはじめるのですが、
それがお昼寝から起きたような不思議な感覚なのですよ~。
でも一日が長く感じられて、夕方から激しく眠いということ以外は
時間を有効に使えてとっても気分がいいので、新年度は
早起き一家を目指そうかと思っております。

さて、今更なのですが、カナダのベビーフード事情を少し。

日本からキューピー社製のベビーフードを結構たくさん持参はしましたが、
(あくまで外出や旅行などお料理ができないときのために、ですが)
それでは足りなかった分を何度かスーパーで購入しました。

私が目にした市販のベビーフードは、瓶詰め、冷凍、シリアルの3種類。
私たちがよくお世話になったのは瓶詰めでEARTH'S BESTのオーガニックのもの。
c0079944_22175739.jpg

お値段はセールで99¢だったので日本とそれほど変わりませんね。
でも日本のものほどきめ細かくないなぁ、というのが正直なところです。

瓶詰めは月齢区分ががfrom 6monthsというのがほとんど(たまにA~Dの
4段階のものがあります)で、すべてペースト状なのですよね。
日本のように月齢に応じて固さが調節されている、なんてことはありません。
あちらで読んだベビー雑誌でも、「solid(固形)が食べられるようになったら
シリアルを・・・」というようなことが書かれていたりするのであまり段階を踏む、
ということは育児常識にはないのかもしれません。
もちろん使われている食材は月齢に応じて異なりますが・・・。
(どなたかご存知の方がいらっしゃったら教えてください)

あと、外出先でベビーが食べているものはほとんどがシリアルでした。
私のようにおかゆとおかずをお弁当にして・・・なんて親子は一度もみかけたことが
ありません(笑)。かなり珍しそうな皆さんの視線を集めていたのはそのせいかも・・・。

ところ変われば、で常識と思っていたことがそうではなかったりすることは
とても勉強になるのですが、つい、日本のものに軍配をあげてしまいたくなる私なのでした。。。
[PR]

by heart_a4 | 2007-04-01 22:24 | Baby-Vancouver

Music Class

先週から月曜日の午前中はJellyfishでなく、Kim先生のMusic Classに参加しています。
(Jellyfishと同じCoal Harbour Community Centreにて)
c0079944_16515399.jpg

10:45-11:45の1時間ですが、タンバリン、すず、マラカス、スカーフなど
いろんな道具を使いながら集中力の続かないベビーたちを上手に楽しませてくれます。

自分の名前で歌を歌ってくれるのでこれにはマイペースの娘も先生に注目せずには
いられない様子。楽器をお友達に「Share」(貸してあげてね)ということも
初めて学ぶことになり、楽しい時間を過ごしています。

6回で1クール(C$65)ですが、Drop-inだと1回C$12で参加できます。

毎回6~7人のベビーとママの参加でJellyfishでも一緒だったりするので
来週が最後の参加になるのはちょっと寂しいなぁ・・・。
[PR]

by heart_a4 | 2007-03-13 17:14 | Baby-Vancouver

カナダ版ベビーサークル!?へ

今日はCoal Harbour Community Centreで
Jellyfish Gymborieというベビーサークルに参加してきました。
(公民館でやってる赤ちゃんの集まり、という感じでしょうか)

5ヶ月から5歳までが対象で、広いGymにボールやマット、乗り物が
たくさん並べてあるので、思い思いにそれらの遊具を使ってママやお友達と遊びます。
c0079944_1843123.jpg

9:30-11:30amとあったので、9:30に行くと先生のみ。一番乗りでした。
10:30ごろになってようやくみんな集まりました。
Drop-inといって受け付けでC$1.5を払えば誰でも参加できます。

今日は20名くらいの参加でしたが、おもしろいのは参加者が
インターナショナルなのに加えて、ベビーシッターと来ている子供もいること。
共働きのご夫婦だとベビーシッターに預けるのが普通なのだそう。
1時間C$8くらいからなんですって。(逆に日本の相場ってどのくらいなのかしら?)
今日来ていた16ヶ月のジェームスくんは12ヶ月のころから1日10時間
シッターさんと過ごしているらしく、随分慣れっこでした。
(しっかりしたシッターさんなら預けられると楽なこともあるのかしら、なんて
二人を見ていて思いました。)

最後にサークルになってみんなで歌を歌って終了。

娘は久しぶりに広い場所で思いっきり身体を動かしたり、
はじめていろんな乗り物に乗ったりして大興奮。
何しろ自由に遊べるところが気に入った模様です。
(先生と一緒に・・・とかママと一緒に・・・と言われるとつらいのです(笑))

終わる頃にはすっかり疲れてその後のお昼寝は少々の物音では起きないほど
ぐっすりでした。身体を動かして遊ぶことの重要性を改めて実感。

残り3週間ですが、できるだけ参加しようと思っています。

Jellyfish Gymborie(5mths-5yrs)
月・水・金 9:30am-11:30am
日 10:15am-12:15pm
Coal Harbour Community Centreにて
[PR]

by heart_a4 | 2007-03-03 08:46 | Baby-Vancouver

カナダおむつ事情

バンクーバー二度目の土曜日は、結構強い雨が降り、凍てつくような寒さ。
家族でHouse-boundな一日を過ごしております。

ところで、日本から荷物に詰められるだけ詰めて持ってきたおむつ(カナダではDiaper)。
先週末あたりに底をつきつつあったのですが、実はこのおむつ探しに我が家は大騒ぎでした。

先週の土曜日にハイウェイを使ってまで行ったBaby's Worldもここに行けばおむつを
売っているのでは?という期待のもと行ってしまったお店だったりします。
なんのことはない、近所のドラッグストアにちゃんと売ってたんですけどね(笑)。
(パンパースであればセブンイレブンで3サイズ(※後述)のミニパックも売っていました)

その大騒ぎのきっかけになったのが、いつものCAPERSで買ったおむつ。
見よ、この差を!!という感じでしょ?
c0079944_18374274.jpg

上がCAPERSのTushies、下が後日無事買えたPampers。
厚さが全然違うのに加えて、固さも全然違います。濡れるとさらにカチコチになる感じ。
圧倒的にPampersのほうが薄くて柔らかい。
なのに、Tushiesのほうが断然お値段が高いのです。なんだそれ~っ??

というわけで、日本ではおむつの値段なんてあまり気にしたことがない私ですが、
思わず近くにあるおむつを売ってるお店3軒をメモとペンを持ってまわり、
調査してしまいました。
エクセルの比較表まで作ってしまったあたり、そろそろ仕事したくなってるのかも!?
もはや日本のおむつ事情より詳しいです(笑)

※調査した3軒は、CAPERS、SAFE WAY、SHOPPERS DRUG MARTです。

More
[PR]

by heart_a4 | 2007-02-25 09:06 | Baby-Vancouver

ベビーに優しい街?

バンクーバー3日目。
週明けの今日から昼間は娘と二人の生活が始まりました。

天気予報が雨だったこともあり、目指すはバンクーバー美術館
主人を見送った後、離乳食のお弁当をつくり、いざおでかけ。
(お部屋の掃除をしなくていいというのはなんてラクチンなのかしら、と実感したりして(笑))

c0079944_1729494.jpgc0079944_1731298.jpg

モダンアートが中心の美術館なのでちょっと私には難しかったかしら・・・。
ランチは美術館内にあるCafeにて。オープンテラスもあり(あいにくの雨でしたが)、
カフェテリア形式なので持ってきた離乳食のお弁当もいただくことができました。
スモークサーモンのキッシュはおいしかった~。
やはり味の濃さとサイズの大きさは海外ならではですけどね。

さて、赤ちゃん連れの観点でいくつか気づいたこと。

まず、バリアフリーが徹底してるように思います。
日本でベビーカーでお散歩していると意外に気になる車道と歩道の段差。
もっと言うと車道から歩道への上がり口にある段差。確かに上がりやすいように
歩道が低くなってはいるのですが、必ず小さな段差があります。
ベビーカーでは押して上がれなくて向きを変えて引いて上がったりするのですよね。
きっと車椅子の方は大変なことでしょう。
こちらでは全く気にならないのですよね。
c0079944_17472595.jpg

アップリカ号の華奢な車輪でもとってもお散歩がスムーズです。

ちなみに、今日の美術館もエレベーターはもちろんのこと、ショップの中にありがちな
3段くらいの階段のところにも必ずスロープが設置されていました。

あとはnursing room(日本で言う授乳室です)の落ち着き感が違うなぁと。
日本だと、トイレの横(もしくは中)にあることが多いのですが、美術館の隣にある
SEARSというデパートではベビー用品売り場にあるFitting roomの隣にありました。
c0079944_17583898.jpg

個室に授乳用いす、ベンチ、ベビーベッド、オムツ自動販売機、オムツ用ダストボックス、
ママ用殺菌剤、姿見が設置されています。
しかも「ママに役立つものがあれば置いてってください」なんていう張り紙も。
トイレの横だとなんとなく落ち着かなくてリラックスできませんよねぇ。
ダウンタウンで困ったら、こちらが駆け込み寺ね!なんて思ったのでした。

まだ3日ですが、一人のときには決して気づかないことがたくさんあるなぁと
思いながら過ごしています。
[PR]

by heart_a4 | 2007-02-13 18:03 | Baby-Vancouver

バンクーバーへの旅

無事到着しました。

こちらは現在、2月11日10amちょっと前です。
ちなみに主人も娘もぐっすり。
日本時間は2月12日3amちょっと前だから、
特に体内時計がはたらいている娘はぴくりともせず眠っています。

飛行機で成田からバンクーバーまで約8時間。
自分一人であれば長いなぁ~と感じる時間ですが、
赤ちゃん連れともなると随分早く時間がすぎていきました。

赤ちゃん連れでの初フライトでしたが、事前に予約しておくとJALではこんなサービスが。

ベビーカーは搭乗口まで利用することができ、搭乗口で預けると
降りる際に受け取ることができる(予定でしたが、ドアの故障?で
バゲージクレームのカウンターで受け取ることに)そうです。

お食事は、乳児食と幼児食から選ぶことができ、
(9ヶ月以降は一般的には幼児食が準備されます)
まだお肉やお菓子をあげたことのない娘には乳児食をお願いしました。
c0079944_373923.jpg

かわいいポーチの中に、キューピーのベビーフード2個(にんじんとじゃがいもの
ペースト、白身魚のドリア)、スタイ、飛行機型スプーン、ストローが入っています。

それからベビーバシネット。
体重制限が10キロまで(耐可重量が10.5キロでした)ですが、
座席の前に準備してくださいます。身長が70センチを超えてる娘には
ちょっと窮屈そうだったかな。
c0079944_3105783.jpg

おもちゃも、いくつかあるものから選んでプレゼントしてくれます。
一人一つなのでしょうが、娘はふたつもいただきました。
絵本も貸し出ししてくれます。

私たちの座席の周りが空いていたこともあり、他のおきゃくさま(香港人、台湾人の方)や
クルーの方に随分遊んでもらって、楽しく過ごすことができたようです。(本人は)
[PR]

by heart_a4 | 2007-02-12 03:16 | Baby-Vancouver

ないないベルト

バンクーバーへの出発日、アコモデーションが具体的に決まり、
いよいよ準備本番!なのですが、いまいちテンションがあがらず、
淡々と準備を進めております(笑)
たぶん、出発前日あたりからドタバタしそうな予感。

なにしろ、長期でお留守となると、ゴミとか掃除とか洗濯とか冷蔵庫の中身とか
段取りを考えつつもぎりぎりまで片付かないことが多くって・・・。
やっぱり主婦ですねぇ(笑)

さて、先日準備グッズの中に、「ないないベルト」が追加されました。
これです。
c0079944_21474179.jpg

大人用椅子からの転落防止ベルトと迷子防止ベルトの二役をこなしてくれるスグレモノ。

滞在先にはベビーチェアがないので、特に食事のときなど、あちらでベビーチェアを
購入しなきゃいけないのかしら・・・と思っていたところ、このベルトを発見。
肩からのベルトと椅子の背もたれにつけたベルトを固定すれば転落防止になります。

これまでレストランなどでベビーチェアをお借りして、ベルトつきだったのは
モスバーガーだけなのですよね。いつも危ないのであきらめてベビーカーに
座らせていたのですが、これがあれば大人用の椅子にも座れます。

迷子防止ベルトは、娘のおてんばっぷりを考えたら歩き始めたら絶対必要ね、と
主人と話していたところでした。
こちらは肩からのベルトに椅子の背もたれにつけてあるベルト2本を縦につなげて
わんちゃん用鎖のようになります。

山猿の次はチビいぬ??

いずれにしてもこのベルト、活躍の期待大です。
[PR]

by heart_a4 | 2007-02-07 21:59 | Baby-Vancouver

バンクーバーへ!

主人の仕事の関係で約2ヶ月間、カナダのバンクーバーへ行くことになりました。
早ければ、あと2週間ほどで出発になります。

はて。
イギリスやアイルランド、マルタで何度かホームステイを経験している私。
「比較的長期の海外生活??やった~!!久しぶりだわ~!!」と、
自分だけなら大喜びなのですが、今回は娘も一緒。
おむつ、ミルク、離乳食、病院、交通事情などなど、気になることがたくさん!

ある調査ではバンクーバーは「世界一住みやすい街」としてランキングされて
いたりするようですが、育児事情はどうなんでしょう?

というわけで、準備のところから少しずつメモを残すことにします。
(ネットの環境が整い次第、あちらでもブログをアップしたいと思います)

まずはお薬。
実は9ヶ月健診の際に、海外生活の可能性がある旨を小児科の先生にお伝えしたら、
ベビー用常備薬一式を処方してくださったんですよね。
(とっても融通が利く先生で大好きなのです)

<海外ベビー用常備お薬リスト>
・抗生剤(セフゾン)
・解熱剤(アルピニー)→38.5度以上のとき
・せき・たんの薬(アスベリン・ムコソルバン)+貼布→咳がひどいときに背中に貼る
・鼻水・たんの薬(ポララミン・ムコダイン)
・下痢止め(タンナルビン・アドソルビン・ラックビー)
・吐き気止め(ナウゼリン)
※加えてこれまで処方してもらったぬり薬
・化膿止め(ゲンタシン)
・肌荒れの薬(アンダーム)
・とひびの薬(リンデロンVG)

賞味期限があるので、飲み薬はすべてシロップではなく粉末で。
手荷物として持っていると手荷物検査にひっかっかったりするので
没収されても困らない程度を手荷物に、それ以外はできるだけ預ける荷物に
入れておいたほうがいい、というアドバイスもいただきました。

あとは、本当に困ったらバンクーバーから先生に電話で症状を相談してみようかと・・・。
[PR]

by heart_a4 | 2007-01-25 20:38 | Baby-Vancouver