湘南スローライフ日記 '0607~'0803


のんびり育児休職生活を湘南でスタートさせた新米ママの日々をつれづれなるままに 5月から復職しました
by heart_a4
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:Work( 10 )


更新滞る・・・

1週間ほどブログの更新が滞っております。ごめんなさい!

仕事量とブログの更新スピードがすぐに比例してしまう私・・・。
わかりやすすぎ!ですねぇ・・・(笑)

最近仕事しながら(ワーキングマザーの方のアンケートを拝見してます)思うこと。
「ワーキングマザー」ってこんなにも大変で苦しいものなのかしら?

(このブログを読んでくださってる方でワーキングマザーの方ってどのくらい
いらっしゃるのかわからないけれど、みなさんどうなのでしょう?)

もっと軽やかでハッピーなファミリーが増えますように・・・。

がんばろーっと。
[PR]

by heart_a4 | 2007-09-15 00:40 | Work

在宅勤務1ヶ月

在宅勤務をはじめて1ヶ月がたちました。

時間で見ると一日最高で6時間、最低で0時間(何も仕事ができなかったので
結果的にお休みをいただくことに・・・)という勤務でした。
平均で3時間に足りないくらいでしょうか。

0時間だった日は、娘がひどい風邪をひいてしまった日。
寝ても15分おきくらいに咳き込んで目を覚まし、苦しくて大泣きしていた日で
看病しているうちに私も疲れてそのまま寝てしまい、遅く帰宅した主人に
起こされる・・・なんてことになった日でした。

単純に時間で見ると相変わらず毎日必ず3時間を確保するのは難しい、と
思ってしまうのですが、自分の与えられたテーマに絞って仕事ができる分、
「集中して時間がとれた日」には結構充実感があります。

ほぼ退職するつもりでいた私も、実はこの1ヶ月のうちに、そうそう、仕事って
こういうところがおもしろかったのよね、なんてことを密かに思ったりしているのですよね。

そういう意味ではこの在宅勤務、期間限定の実験的な働き方ですが、
会社、育児休職明けの社員双方にとって意味のある働き方になるかもしれないなぁと
ちょっと期待が持てそうな気もしています。(もう少しやってみないとわかりませんが・・・)

ただ、「集中して時間がとれた日」というのはなかなかないのが難しいところで・・・(笑)

相手が赤ちゃんや子供というのはなんと想定外が多いのでしょう!!
お昼寝してくれるはずが・・・とか、夜泣きしないはずが・・・とか、
元気なはずが・・・とか、「はず」と思っていてもそうでないことが頻発!!

でも考えてみれば、それは大人側、仕事側の視点であって、
娘は普通にいつも通り本能のままに生きているだけなのですよね。
そこを無理に仕事をするために・・・なんて発想になりはじめたら要注意!
娘にとってはストレスでしょうし、私にとっては在宅勤務を選択した意味が
なくなってしまいます。
(育児はとっても楽しいし、仕事もおもしろいのだけれど、育児と仕事、
2倍3倍がむしゃらに頑張って1.6倍の幸せを得るよりも、1.1倍とか
1.2倍の頑張りで1.3倍の幸せを得ることはできないかしら・・・?と
模索の日々です。そうなれば少しは世の中も変わるかしら・・・?なんて思ったり)

というわけで最近はなんとか時間をやりくりする、という考えをやめ、
ある程度時間がよめないことを前提に余裕を持ったスケジュールを組むことが
重要だと思うようになりました。

そのために在宅勤務で必要な力だと特に意識しておくべし!と感じているのは

・仕事を切り分ける力
 (ここからここまでが私の仕事です!という宣言ができないと「あれ?これってあなたの
  仕事だったのでは?」なんてことになりあとで大変なことになります。ひぇ~っ!
  振り回されるのは娘だけでじゅうぶんでございます)
・スケジュールをひく力
 (スケジュールをイメージして「ひける」ことも重要ですが「ひかせてもらえる」ようにすること
  のほうがもっと重要。スケジュールの主導権がないとツライです)
・仕事をお願いする力
 (やはりいい仕事をするには他の人にいかに動いてもらえるかが大事ですね。
  顔をあわせたことがない人にもメールや電話できちんと意図を伝えるのは
  なかなか難しいものです)

でしょうか。

この3つくらいを押さえられれば楽しい在宅勤務ライフが送れそうな気がしているのですが、
どうでしょう?(ん??当たり前のことばかり・・・?)

今月はちょっとした山を迎えるのでなんとか乗り切れるといいなぁと思っています。
[PR]

by heart_a4 | 2007-06-03 22:50 | Work

1週間

5月1日に復職し、7日から本格的に在宅勤務をはじめて1週間。

昼間はこれまでと変わらず娘との時間を楽しく過ごし、
娘が寝た後、だいたい21時すぎくらいから3時間ほど仕事をして・・・
という生活をしております。

この1週間はパソコンなどオフィス環境を整えたり、
プロジェクトの状況を確認したり・・・ということにほぼ時間を使いましたが
今週あたりから徐々に与えられたミッションの仕事に着手する感じでしょうか。

1週間やってみて、在宅勤務の良し悪しはまだなんとも言えないのですが、
わかったことがいくつか。

まず、会議もない、電話も鳴らない、自分の与えられたテーマに集中して
仕事ができる、というのはなかなか新鮮で心地よさそう、ということ。
一方で、会社の雰囲気、空気感みないなものを感じることが難しいので、
今自分が考えていることがそれらに合っているのかしら?とふと心配になったりすること。
あとはうまくやっていかないと体力的に結構厳しそう、ということ。
育児中心の生活をするための在宅勤務とはいえ、
夜仕事をする体力が残ってない日が生まれたりするので
娘と一緒にお昼寝するなど少し工夫が必要かな、と思っています。

もう少し本格的に仕事を始めればまた見方も変わってくるかもしれません。

新しい働き方、何事も最初が肝心。
楽しくマイペースでやっていけるといいなぁと思っています。
(つい、全速力で走ってしまいそうになる私・・・。)
[PR]

by heart_a4 | 2007-05-14 01:10 | Work

復職の前に・・・

いろいろ悩んだ末、5月1日から復職することに決めました。

娘を保育園に預けることなく在宅勤務をさせてもらえること(←これが何より)、
提示してもらった仕事の内容が今後の働くママにとって役に立つと思われ、
そこにやりがいを感じたことが復職を決めた主な理由でしょうか。

時代の流れ、会社の包容力、理解ある上司・同僚・・・。
恵まれすぎていると思わずにいられない環境に感謝しつつ、
何となく復職後の生活リズムを意識しながら過ごす日々です。

More
[PR]

by heart_a4 | 2007-04-24 22:21 | Work

仕事&保育園の結論・・・

昨夜(というか本日深夜)1時ごろ、上司と電話で話をして、仕事(働き方)については
越年でお話を続けることになりました。

保育園については、今日12月28日が申し込み締め切りだったのですが、
申し込みはしないまま現在に至ります。なので通常保育で預けることはなくなりました。
(念のため、就労証明書など必要な書類の準備はしておいたのですが・・・)

今後は、一時保育で預けられる可能性を探りつつ、在宅など「新しい働き方」に絞って
摺りあわせをしていくことに。

最終的にどうなるかはまだわかりませんが、恵まれた環境に感謝しつつ、
新しい年を迎えます。
[PR]

by heart_a4 | 2006-12-28 22:27 | Work

保育園見学 ~追加~

今日(といっても日付は変わってしまいましたが)は一時保育を実施している保育園を
見学に行ってきました。

「ダイバーシティ」「ワークライフバランス」が新聞のテーマにもよく取り上げられる今日この頃。

出産を機に強烈にそれらを意識しはじめたのですが(なので復帰について逡巡の日々・・・)、
私の勤めていた会社は、もともとはその「バランス」を取りにくい会社。

現時点では普通に復帰することは選択肢としてはないなぁという結論になりつつあります。
(もちろん上記のようなテーマの議論はされていて制度も検討されていますが・・・)
現状の制度の中で時間短縮の勤務形態も選択できますが、通勤時間を考えると
結構な拘束時間になり、家族との大切な時間を削らなければならなくなるので、
週5日会社に通勤する働き方はちょっと難しい、というのが本音のところです。
(シンプルに言うと、夕食をとったりお風呂入れたり、というのは普通の時間に
ゆとりを持って(←結構大事です)自分自身できちんとやってあげたい、ということです。)

残る選択肢は、今制度として検討されている在宅勤務。
この働き方なら、いろんな意味でバランスを取りやすいかもしれない、と
少し期待感があったりします。
ただ、在宅といっても下限労働時間や最低通勤日数など制約はいろいろとあるので、
自分自身の現状と摺り合わせをしながら最終的に「退職」か「新しい働き方」かを
決めていくのだと思っています。

さて、そんな背景の中、通常保育で預けることはほぼない方向なので、
少し遠いのですが、一時保育を実施している保育園があることを知り、
見学させてもらったのでした。

ちなみに、一時保育とは、
1.非定型的保育(保護者が就労している場合、週3日が限度)
2.緊急保育(保護者の傷病、入院、看護、出産など、最長2週間まで)
3.私的理由による保育(保護者がリフレッシュしたい場合など、月2回まで)
という3種類の保育のことを言うらしく、私が検討しているのは1にあたります。

ただ、一時保育は10人が定員らしいのですが、10人のうち、7人までが
1の非定型的保育の方で今年度は5人が順番待ちしているそうです。
一年契約ができ、来年度の予約は3月1日から受付とのこと。
でもそれまで入れるかどうかはわからないんだそう。

ちなみに、一時保育の子供たちは通常保育の園児とは別にクラス分けされていて
いろんな年齢の子供が一緒に遊んでいました。
一週間のうち数日、数時間を他の子供たちと一緒に過ごすことは娘の刺激にも
なりそうで、なかなかいいかも、と思ったりしたのでした。
(でも最初はみんなママを求めてすごく泣くんですって!耐えられるかしら??私が。)

規模は先日の公立保育園よりも小さいので雰囲気が随分違いましたが、
先生たちの目の行き届く規模感が逆にアットホームな印象にも感じられました。
[PR]

by heart_a4 | 2006-12-21 02:38 | Work

保育園見学 ~その2、その3~

先週、法人立の保育園に続いて、夜間専用、公立保育園をそれぞれ見学してきました。

まず夜間専用保育園。
ビルの1階と2階にあり、運動場はなし。(目の前に公園はあるけれど・・・)
小学校入学前までの保育をする普通の保育園と違って、2歳までの保育。
なので規模が小さく、先生の目が行き届きやすいのが特徴とのこと。
19時以降も預ける場合は、保育園にて夕食をとらせてくれるそう。
「でも夕食くらいは家で食べさせたいですねぇ・・・」と思わず言ってしまった私。
きっと対応してくださった先生は、「えーっと、何のために夜間専用保育園を
見学してるんでしたっけ?」と思ったに違いありません。スミマセン・・・。

公立保育園。
この辺りで一番規模の大きな保育園。運動場も広い。
駅に近いのでいろんな(住んでるエリア、親の職業などの点で)子供が通っているそう。
園医さんがいらっしゃるなど、規模が大きいだけあってスタッフの体制や
設備の面では行き届いている感じを受けました。
入園にあたって手作りの必要なものはシーツのみ。その他のものは手作りでもいいし、
購入したものでもいい、とのこと。この辺りのバランス感覚も結構いいかも。
ちなみに給食は公立保育園はどこも同じメニューなんだそう。(知らなかった・・・)
現状では180人の定員に対して200人在籍。満員!!

というわけで、この中でもし預けるなら公立保育園がいいなぁと思ったのでした。
ちなみに、娘は入園時点では0歳児クラスになるので、随時入園していく0歳児クラスは
4月で満員になることはないので、比較的入園しやすいそうです。

あとは私の決めの問題です。
[PR]

by heart_a4 | 2006-12-12 23:49 | Work

保育園見学 ~その1~

今日は保育園見学へ。

仕事復帰を決めたわけではないのですが、「一応」、公立、法人立、夜間専用保育園の
3つは見学しておこうと思って一気に電話をして予約したのでした。

まずは法人立の保育園から。

久しぶりに「きちんと」人に会う気がして(勝手に)、朝からなんだかソワソワ。

幼稚園見学なら、みんな濃紺もしくは黒のスーツでビシっときめて来てました、なんて
話はよく聞くけれど、保育園見学はどんな感じなのかしら?
昨日の夜から主人を巻き込み(?)、何を着ていくか悩んでおりました。
(行ってみると、そんなに気合は必要なかったのですけれどね。それもそのはず、
入園内定を決めるのは市役所ですもんね。あ、黒のスーツで行ったりはしなかったので
ご安心ください(笑)。一緒に見学させてもらったママも気軽な感じでした。)

教室を見学させてもらいながら、クラス編成、保育士の人数、保育時間、給食、エプロン他
手作りが必要なものについてなど、すごく丁寧な説明を聞くことができました。

ちなみに4月1日の年齢を基準にクラスを決めるので、4月8日生まれの娘は0歳児クラスに
なるのだそう。6ヶ月から入園可能なので6ヶ月のお友達とほぼ1歳の娘では随分差があるので
様子を見ながら1歳児クラスで遊ばせる、というような配慮はしてくださるそうです。

ただ・・・。

話を聞きながら、そうそう、保育園ってこういう感じだったわ(私自身も保育園に
通ってましたので)、とは思ったものの、娘を預ける場としてどうもしっくりこない感じ。
先生は丁寧で親切だし、園児たちも元気いっぱい、なのになぜ・・・?

例えば保育時間の話。
「基本的には通勤時間と勤務時間が保育時間になります。買い物の時間は保育時間には
入りません。一日お母さんと離れて寂しい思いをしていますから、甘えたくてそわそわしてる
子供を買い物に連れて行くのは大変と思わずに、一緒に連れて行ってあげてください。」
例えば保育士の人数の話。
「乳児クラスは乳児3人に1人の保育士がつきます。3歳児は20人に1人です。子供たちは
母親の代わりを保育士に求めてきますから、それに対応できるだけの体制で・・・」

改めて思ったのですが、保育園はやはり「生活」をする場なんだなぁと。
しかも母親代わりでもある先生と一緒に。

娘にとっての「ママ」は私なんだけどなぁ。あえてこの時期にその役割を他の人に
お願いしてまで仕事をする理由って何だっけ?
確かに、お友達に会えるととても嬉しそうだけど、それは「ママ」と一緒に会ってるからこそ
では?ほんとに保育園に通わせることが娘のためになるのかしら?

こんなことを真剣に悩める環境であることに感謝しなければ、と思いつつ
帰路についたのでした。
[PR]

by heart_a4 | 2006-11-30 23:53 | Work

はて、仕事復帰は?

↓そんなわけで今日(昨日)は久しぶりに会社に行くはずが、キャンセルすることに
なってしまいました。スミマセン・・・。

実は来春以降の仕事復帰についての相談をする予定だったのですが・・・。

このブログをはじめたとき、育児休職中の日々って、「育児と仕事」というテーマでの葛藤が
もっとたくさんあるのでは?と思っていたのですが、「WORK」というカテゴリーで書いた記事が
1件(それも仕事についてはほとんんど触れていない)ということからもわかるように、
ここまでほぼ100%育児中心、葛藤ほぼゼロという日々を過ごしてきました。
気づけば保育園の入園申し込みも目前。

はて。

私は、何か大きな決断をするとき、ほぼ答えが決まっていることを「あーでもない」
「こーでもない」と逡巡(主人に言わせると人の3倍くらい)した末、
「そうだ!」と答えが天から降ってくる感じで腹に落ちるのがいつものパターン。

でも今回は夏前から保育園の情報を集めたりしていた割にはどうも「腹に落ちる」感じが
ないのです。

もうちょっと自分なりの育児を楽しみたい(まだ娘を預けたくない)と思いつつ、一方で
専業主婦になったときに(今もほぼそうなのですが)、自分のなかでバランスを
保っていられるか(生活のメリハリという意味で)やや不安。かといって以前のように
フルで働きたくはない(家族に今以上にストレスをかける働き方はしたくない)、という
相反する気持ちが行ったり来たりしてる感じでしょうか?

迷いなく仕事復帰された方は別にして、育児休職中、もしくは妊娠・出産を機に退職された方
なら一度は経験する(した)葛藤かもしれない、とは思いつつ、会社の視点で見ると
ちょっと都合がよすぎるかもしれないとも思えるこの葛藤。

自分の中で考えるには材料に限界が来た感じなので、まずは「働き方」という面で
どんなオプションがあるのか、相談することで少しは糸口が見つかるかもしれない、
とにもかくにも淡い期待を抱いて銀座に行くはずが・・・(涙)

年末までには結論を出さなければ、と思っています。

まさにこれから数週間が葛藤の日々になるのでしょう。
[PR]

by heart_a4 | 2006-11-10 00:39 | Work

お客さま

会社のもと同期(すでに退職してますが)が1歳になる赤ちゃんを連れて遊びにきてくれました。

平日の昼下がり、久しぶりに大人の会話!?ができて楽しかったです。

おみやげにこんなカワイイ箱に入った焼菓子をいただきました。
c0079944_199127.jpg

鶴見にある、Laplaceさんのもので、他にもすいかのポーチにお菓子を詰めてくれたりと
とにかく包みがかわいいんだそうです。
ちなみにこちらのカラメルナッツチョコは小室哲哉さんの結婚式の引菓子だったそうです。
香ばしくておいしかったですョ。

さて、大人の会話!?の中にはもと同期だけあって仕事のことも話題にのぼります。

彼女は結婚、妊娠を期に退職をしたのですが、育児が少し落ち着いてきたころに
仕事したい熱が沸いてきていて週に3日くらい、司会やアナウンスのスキルを活かして
仕事をする予定だそう。

私もやっぱり仕事、したくなるのかなぁ・・・。
今はとても仕事ができる状況じゃないけれど、娘が1歳になるころには変化してるのかも。

彼女との会話は、育児と仕事について考えるきっかけになったのですが、
もう少し整理できてから書くことにします。
[PR]

by heart_a4 | 2006-07-20 23:55 | Work