湘南スローライフ日記 '0607~'0803


のんびり育児休職生活を湘南でスタートさせた新米ママの日々をつれづれなるままに 5月から復職しました
by heart_a4
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

1月のun petit peu(フランス家庭料理教室)

先日、1月のun petit peuへ行ってまいりました。

が、うっかりカメラを忘れてしまったので、お写真は再現メニューが登場した
週末の我が家のテーブルです。
c0079944_17275711.jpg

前菜はふわふわコーン・パンケーキ、メインは海の幸のポトフ、グランメール風、
デザートはクレーム・カタラーヌ。

グランメールとは、「おばあちゃん」という意味で、先生がフランスで貴族出身の
おばあちゃまが主催する料理教室にお友達の紹介で飛び込み参加した際に、
そのお宅に代々伝わるポトフ用のソース(ディップのようなもの)のレシピを教わり、
それを使ったレシピであることから、そう名づけたのだそうです。

それがこちらのソース・グリビッシュ。
c0079944_17354420.jpg

これ、魚介類につけて食べると、ほんとおいしい~。
材料も身近なものだし、作り方もとっても簡単なのですけれどね。

フランスでポトフと言えばもちろん牛肉なのですが、フランスでこのソースを試食した際に
「日本の魚介類にとっても合うわ!」と思った先生が、日本でこの季節においしくなる
魚介類を使って考案されたのが今回のレシピ。

さらにおいしいお塩(まろやかなもの、お教室ではゲランドのお塩でいただきました)があれば
それをつけながらいただくと、さらにおいしくなります。
c0079944_17503134.jpg

我が家にはボリビア原産の「インカの塩」なるものがあったので、そちらで。



c0079944_17401274.jpg

こちらはデザートのクレーム・カタラーヌ。
こちらも簡単に濃厚だけれどさっぱりしたクリームがあっという間に作れてしまいました。
お教室ではこの上に、お砂糖をバナーで焼いてキャラメリゼをしたのですが、
娘も食べることを考えて家ではクリームのみに。
シナモンとレモン風味が効いていて、おいしい~。

また、前菜のパンケーキは、デザートで卵黄をたくさん使うので、卵白を無駄にしないよう、
卵白をたくさん使ってできるものを・・・と考えてくださったもの。
コーンフラワーで作っているので、お砂糖を加えずともほんのり甘く、
娘も安心して食べられるし、大人はスモークサーモンやクリームチーズをトッピングして
いただけます。

ほんとうに考えられたレシピに1月ももちろん大満足。
普段のメニューに加えられるフレンチレシピはとっても重宝します。

2月も楽しみです。
[PR]

by heart_a4 | 2008-02-06 17:45 | etc.
<< はじめてのほいくえん サンタのキッチン! >>